<
此処だって、何処だって…世界の端っこ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
反射、反応、反作用。
2008-10-20 Mon 23:49
不器用だから殻に篭る

こじ開けようとしても無駄だよ?

外からは開かないから。

叩いても、引っかいても…

開かないから、ケガするだけだよ。

そうなるのは知ってる。

だから…殻から出たいのに…

でも不器用で下手くそな僕には出来ない。

ケガした傷みも知ってる。

傷つきながら笑ってるのも知ってる。

その笑顔が深く響くから…

殻の中で泣きそうになるのは

せめての優しさだと信じていたい。



演技下手で…ごめんなさい。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
センチ
2008-09-22 Mon 02:15

キミはどこにいるの?

どうして見えないんだろう?

僕ら同じ大地の上で、同じ空の下で

なのに…どうしてこんなに遠いのかな?

キミの泣き声も泣き顔も…僕には見えない

唯一見えるのは…精一杯の笑顔だけ


そばにいたい

涙のわけも…心の悲鳴も…

聞きたい

だから

もっと…近づきたい


あの日から

僕らの距離は

何センチ縮まったのだろう…
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
泣かないでこれ以上。まだ笑えるなら。
2008-08-24 Sun 02:49

つまらないことですが




詩が書けなくなったね



なんかよくわからん

書きたいのか…書きたくないのか…

書き始めたら嫌になってくる

何か伝えたいんだけど

多分

不安が邪魔をしてる

今年はきっと書けないな…
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
もう…ここに僕はいない。
2008-07-07 Mon 04:23
それは素敵な世界


それは楽しい世界


それは夢いっぱいの世界


それは温かい世界


それは不思議な世界


それは非現実的な世界




つまりこれは夢だ。

夢の中に僕はいた。

そこで僕は笑いあって

そこで僕は憧れを見て

そこで僕は遊んでいた。


夢の入り口を見つけたよ

いや、もともと入り口はあった。

それが夢の入り口だと分かったんだ。




持ち物は一本の鍵と一匹の鼠。


指先で開く夢の窓。


そして空へ。


そして我が家へ。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0
一匹狼に捧ぐ挽歌
2008-06-29 Sun 05:27

こういうことはあまり書きたくない

しかしながら、僕は耐えることが好きじゃない。

よって書くことにする

誰の為ではなく、自分自身の為に。。。









そこまで言うわりには何もしない

自分を馬鹿にされたくないから
自分も楽しみたいから
自分が見たいから

それが何だ?

その為に壊したんだな?

壊すことは簡単なことさ。
破り捨てるだけだからな

で、誰が作るんだよ?

自分で作れるのか?

計画プランだけ立てて

他人に任せるくせに

他人に作ってもらってるくせに

嫌だから

ただそれだけの理由で壊すなんて

誰がどの角度から見ても自己中心的思考

どこのお姫様?

かつてのローマ法皇もびっくりだね

その果てに得たものは単なる馴れ合い。

誇れるものはない。
別窓 | 戯言 | コメント:1 | トラックバック:0
BACK | 端っこの気分屋 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。