<
此処だって、何処だって…世界の端っこ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
一匹狼に捧ぐ挽歌
2008-06-29 Sun 05:27

こういうことはあまり書きたくない

しかしながら、僕は耐えることが好きじゃない。

よって書くことにする

誰の為ではなく、自分自身の為に。。。









そこまで言うわりには何もしない

自分を馬鹿にされたくないから
自分も楽しみたいから
自分が見たいから

それが何だ?

その為に壊したんだな?

壊すことは簡単なことさ。
破り捨てるだけだからな

で、誰が作るんだよ?

自分で作れるのか?

計画プランだけ立てて

他人に任せるくせに

他人に作ってもらってるくせに

嫌だから

ただそれだけの理由で壊すなんて

誰がどの角度から見ても自己中心的思考

どこのお姫様?

かつてのローマ法皇もびっくりだね

その果てに得たものは単なる馴れ合い。

誇れるものはない。
スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:1 | トラックバック:0
<<夢を夢でありたいと思い、儚さに溺れる。 | 端っこの気分屋 | 祭だろ?演劇部だろ>>
この記事のコメント
んー…
どした?´・ω・`
2008-06-29 Sun 21:08 | URL | ありす #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 端っこの気分屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。